ピアノ発表会の参加費

ピアノ発表会の参加費(値段・謝礼)について

ピアノ発表会では、普段味わえない体験ができます。大きな会場で行えば、狭いお部屋ではありえない音の響きが。素敵な雰囲気の中、会場にある高級ピアノを演奏することでピアニストの気分が。とびっきりの緊張を経験すれば、「上がるってこれのこと?」と気が付くでしょう。

 

ピアノ発表会での経費は、参加者で負担するのが通例です。教室によって様々な形式を取っていますので、それによっても大変幅が出てくるものです。今回は個人教室で、アットホームな発表会の場合と、ホールを借り切って行う場合を覗いてみましょう。

 

楽しく手作り、ホームメイドのピアノ発表会

昔はお稽古事、生活に余裕がある、少し上流のご家庭のものでしたが、現在は近所のお姉さんが音大出、などの状況も普通になっています。ご自宅などに生徒さんをお呼びして、ご自分たちで飾り付けや客席の配置をし、記録やプログラムも自分たちで、と言う手作り発表会も楽しいものです。

 

通常発生する会場、プログラムや撮影、お花代などの費用が、先生やおうちの方の努力で賄われるため、参加費は低めの値段、3000円くらいから。記念のプレゼントは手作りクッキーと言う教室も。最後にみんなで椅子取りゲーム(先生のピアノ演奏で)、優勝者はクッキー追加!

 

ホールでやらなきゃ、本当の意味はない!盛大な発表会

雰囲気が一番大事、と考えている教室では、生徒さんを一堂に集め、大きなホールで華やかにピアノ発表会を行うことがあります。会場が持つスタンウェイなど高級ピアノを借り、ステージの照明なども操作をお願いすれば、参加者の頭数で割っても結構な高額になります。そのほかプログラムや撮影を外注に出すなど、いくらでも高額になる可能性があります。1〜2万円くらいになるでしょう。

 

心付けについて

いずれの場合でも発表会は、当然ですが、曲はきっちり仕上げることが必要です。入場者数や会場は違っても、「聴いてもらう、表現する」側を体験するのが発表会の趣旨の一つです。先生はそのために、追加レッスン、補講の時間を取って下さることも多いので、謝礼についても考えておきましょう。加え、曲を探す時間、楽譜を準備する手間暇も存分に発生している、とお考えください。相場では5000円くらい。あらかじめ不要と言われることがあったり、受け取らない主義の先生もいらっしゃいます。