ピアノ発表会のお花

ピアノ発表会のお花(ブーケ・花束)について

ピアノ発表会ではお花はつきものです。ホールの入り口やステージを飾っていたり、演奏したお子さんへ差し上げたり、お世話になっている先生へも花束を贈ることがあります。お父さんやお母さん、ご招待されたご親族やご友人の立場の方からのお花は、いつ、どのように渡すと良いでしょうか。あと、どんなお花、喜んでくれるかな…?

 

様々に配慮が必要です

演奏後、ステージへ駆け寄ってお花をお渡しする、と言うシーンはたまに見かけますが、これを一人ずつ、思い思いにやっていると発表会の運営に支障が出る恐れがあります。会場を借りている場合、当然時間厳守です。その後に控えているイベントへ迷惑をかけては一大事。演出としてとっても素敵な渡し方ですが、実を言うと渡す役目の方を前もって決めているようです。

 

多くの場合、お花は演奏後、ステージを去った後、控室でお渡しする場合と、予め受付にお渡しする場合があります。受付でお渡しすると、ステージ上に飾ってくれたり、演奏前で控えている演奏者に届けてくれるでしょう。もし受付でお話をし、演奏後にお渡しして構わないのであればぜひ、ステージ下から渡して差し上げましょう。ちょっと恥ずかしいですが、ためらっていると機を逃します。早めにスタート、さっとスマートに!

 

どんなお花がいいでしょうか

お子さんに差し上げるなら、帰り道もきっとご自分で持ちたがると思いますし、お花と一緒に写真を撮るでしょう。あまり大きいと持つのも大変、お花に隠れてお顔が写らないことも。1000円~3000円のかわいらしいブーケや、花冠、レイの様に丸く作ったお花もかわいいです。「○○さんへ 応援しているよ!」など、お相手のお名前入りのメッセージを入れておけば、他の花束と間違えることもありません。

 

先生や大人の方に差し上げる場合は、3000円~5000円くらいが相場になります。この場合もお名前入りでメッセージカードを。贈る方のお名前も忘れずに。教室の方針や規模にもよりますが、先生には花束は差し上げない場合もあります。長く通われているおうちの方に伺ってみて判断しましょう。