ピアノ発表会の予算

ピアノ発表会の予算はいくら?運営費用の相場について

ピアノ発表会を開くにあたり、予算を考えてみましょう。会場にプログラム、招待状、写真撮影、動画撮影、お花、記念品、お土産…あれこれ大変ですが、内訳から最後に全体で相場を探ります!

 

会場について

演奏者の人数によって、会場の費用がかなり変わります。各会場によって料金は異なり、一般的に民間運営の会場はお高め、公共施設の利用はリーズナブル、と言われています。会場を利用するには照明、空調、音響にも料金が別途発生、それらの操作が必要なら人件費も加わります。

 

国産ピアノなら5000円、せっかくだから高級ピアノを、と思うと1万円、と言う具合です。ピアノを調律してもらってさらに3〜5万円。マイク1本3000円、机やいすを借りて500円。道具や設備の持ち込みにさえ料金が発生することがあります。会場に関しては10万円くらいから、と考えましょう。

 

お花、飾り付け、プレゼント(記念品)

受付に花輪を置きたい場合、生徒さんやお知り合いがお祝いにお贈り下さることもありますが、当てにせず準備するなら1、2万円。スタンドに豪華にアレンジしてあるものが良いでしょう。舞台にも1台あると華やかです。鉢植え、ブーケなどを飾って、「参加記念」として持ち帰って頂くのも良いでしょう。焼き菓子などを添えることもあります。受け付けに案内板を立てる場合、カワイイものを用意すれば当然費用が発生。ステージをバルーンで飾ったらさらにドン、と予算発生です。お花だけの場合で3〜5万円。

 

写真、ビデオ撮影

記念写真はプロにお任せした方が良いでしょう。大抵は撮影対象人数と時間契約で料金設定しています。30名で4万円くらいが相場ですが、これは撮影料、データ代です。プリントサービスは別途。同時にお願いすると割引、と言うことはあるようです。動画撮影は仕上がりDVDを買ってくれる方が何名以上、と言う制約がかかることが多いです。結果、カメラマンがお一方、機材を担いで来て下さり、10万円程度。

 

印刷もの

プログラムが無くては困りますし、必要であれば案内状も用意します。デザインと印刷を業者さんへお願いして150部を作ったとします。安めのものを選んでも2〜3万円を見積もりましょう。

 

人件費

受け付けやアナウンスなど、お手伝いをしていただいた方へ、少しでもお支払いしないわけには行きません。お友達に来て頂いたとして、お一方3000円〜5000円は用意しましょう。その他、主催する先生ご自身に必要な人件費を考えても、決して悪くはありません。

 

総計

以上が一般的なピアノ発表会の費用と考えられます。総計は30万円を超えて来ます。30名参加の想定で、参加費用は1万円が相場、と言われています。プログラムを自作したり、動画撮影は自前のデジカメで、お花も安くても華やかに工夫して、何とか1万円に抑えている、と言う状況が見えて来ます。演奏者一人頭では、大手の音楽教室で7、8000円、個人では1万円以上になることが多い様です。

 

⇒ピアノ発表会の写真撮影は出張カメラマン